· 

灯台の赤と白

愛知県南知多町にある中洲漁港入口の灯台を撮影してきました。
写真左側は赤色、右側は白色に塗装されていますが、夜間に照らす灯色も左右では異なっています。

これは航路標識の基準があり、船が港に入る時の左舷(陸から見ると、港の入口の右側)は灯台を白く塗り、緑色の光を照らし、右舷(陸から見ると入口の左側)は灯台を赤く塗り、赤色の光を照らすように決まっているそうです。

 

★灯台の立地により、安全面を重視して異なる色になっている場合もあるようです。