Excelの数式

かなり前になりますが、いまさら聞けない『Excelって何?』と言う話をブログで書きましたが、今日はこの続きになります。

 

Excelが苦手な方が、良く怒られる内容として『数式入っていたのに、消しちゃったらダメでしょ!』があります。
表を作った人や、使い慣れている人は、どこに数式が入っているか判別できますが、Excelを知らない人にとっては難しい話です。
 
では、どこで数式があるかを判別しているかと言えば、その名前の通り『数式バー』で判別ができます。

この数式バーは、セルと連動していますので、ここにデータを入力しても、セルに反映されます。
と言う事は、ここに数字や文字が入っていれば、データ自体が入力されている事になりますし、見慣れない命令が入っていれば、数式が入っているので、触ってはいけないセルと言う事になります。

ついつい画面の見た目の場所で入力をしがちですが、数式バーを見るクセを付けておくと、間違って数式を消す事は少なくなります。